today:5 yesterday:11

男の肉便器トップページ
湯けむり興奮記

水泳部のイケメンA

着いたのは近くの神社裏の人がまったくこない林のなかやった… タクヤが「さぁ〜はじめよかぁ!ここなら声出しても誰もこないし」って言うと「お前全裸になれ」俺はみんな脱いで裸になったら「チンコ手で隠さないで見せろ」俺は恥ずかしさと怖さでいっぱいやった…タクヤが「俺の服とか全部脱がして…奴隷くん…」

俺は服やズボン・パンツを全部脱がした…タクヤの体はめっちゃキレイで顔もイケメンやし俺はいつの間にかチンコがたっていてタクヤが「何勃起してんのかなぁ〜お座り…口開けて」って言うとタラ〜ッんと唾を流してきた…

次に口にまだたってないすっぽり被った包茎チンコを口に入れ「舐めて気持ちよくして」俺は舐めた…「あっチンコとろけそー…お前変態やなぁ」タクヤは俺の口を使って腰をフリだした。めっちゃ気持ちよさそうに…タクヤが「そんなチンコうまい?お前も舐めてほしいのか?ご主人様舐めてくださいって言ってみろ」

俺は「ご主人様舐めてください」はぁ?声小さい…「ご主人様舐めてください」って言うと「チンコ持ってこい」とタクヤが言ったが俺はチンコを噛まれるかと思って怖くて怖くてどうしようか迷ってるとタクヤが俺のチンコを口に入れて舐めはじめた…

めっちゃ気持ちいいタクヤに舐められてると考えてたら気持ちよすぎて「は…あ、あっ…あっあっ」って言ってると「そんな気持ちいいか俺うまいやろ」ってタクヤの言い方がやさしくなっていた。そんなことを思ってたらタクヤが急に「寝転がれや」ってタクヤが言うとタクヤが制服のカッターシャツを下にひいてくれた…

しかもタクヤのカッターシャツを 俺は「汚れるしいいの?」って言うと「洗えばいいしお前のカッターシャツ使ったらイジメにでもあってるかと親に思われるやろ」ってタクヤが言った「でも…」「もううるさい俺のペット」って優しく言って俺を寝かしてタクヤがまたチンコを舐めだした…

タクヤが俺のチンコを舐めてると… 遠くから足音と話し声が聞こえてきた…俺は気づいてたがタクヤは気づいてなくて。

でも俺はタクヤに舐められて気持ちよかったから言い出せなくて、でも音が近くなってきたからヤバいと思ってタクヤに言うと「早く服着ろ」「行くぞ」って言って上の服を来てズボンを履こうとしたときに 「おまえらなにやってんの〜セックス?」って聞こえて見てみると制服を着た中学生のヤンキーっぽい奴が三人いた…

俺はまた怖くなって黙ってたら タクヤが「行くぞ!ほっとけ」って俺に言ってきたが…ヤンキーが「男同士でマジキモイし」「先輩達のこと噂にして広めてもいいっすよ」 1人が携帯でパシャパシャ撮ってた…俺はズボンを履いてなくタクヤも上の服を着るところだった姿を…

タクヤが「なにしたいわけ?」ってタクヤが言うとヤンキー二人がタクヤを殴った!倒れたタクヤをボコボコにやりはじめた…「やめて」俺はさけんだ! ヤンキーが「じゃぁーやってたことをやれ」

タクヤが「やらなくていい…俺なら」って言ったとたんまた殴りはじめたから 「わかったから…」俺はタクヤのところにいき…ズボンを下ろしパンツを少しずらしてチンコをなめ始めた。タクヤは顔を背けて歯を食いしばっていた…二人はタクヤを押さえ込んでいた。

舐めてる時に俺はフッと思った… タクヤってケンカ強いのに…学校でも有名やし!運動神経いいし空手とかも習ってるって聞いたようなぁ…だからそんなタクヤが俺は好きやったし気になってたんやけど なんで?なんで黙ってるしこいつらシバかないんやろ?

そんなん思いながらタクヤの包茎チンコ舐めてるけど二人でしてた時みたいにたってなくてしぼんだままやった…その時タクヤがいきなり俺に「舐めんでいいよ」って言ったからチンコから口を離したとたん… タクヤが羽交い締めにしてた二人を振り払って1人捕まえて一発腹を殴ってすぐにもぅ1人捕まえて腹を殴った…二人ともうずくまってまったく動かない

「お前許さん、こっちこい」って言うとヤンキーのリーダーが「はぁ?誰に言うとん?みんなに言って写メばらまくで〜」って言うと…一瞬でタクヤがケリ入れて次に腹を殴って携帯を取って真っ二つにへし折った…

俺はそんなタクヤがめっちゃ怖かった…目つきが変わってるし。 その時タクヤがこっち見て向かってきた… 俺は「ごめん、ごめん許して」半泣きで言った。

「ヒロ(俺の名前)大丈夫かぁ?ヒロがなんで謝るねん(笑)」タクヤが笑った。 「さーて、お前動けやって」羽交い締めしてた1人に話しながら足で踏んづけていた。 そいつの髪をわしづかみにして立たした!そいつはフラフラやった… 「お前さぁー1分あげるからアイツらの服全部脱がせ!1分過ぎたらさっきの倍で殴ってボコボコにするから」ってタクヤがそいつに言ったらそいつはすぐに1人の服を全部脱がし…

リーダーのやつも脱がせようとしたらリーダーは抵抗したがタクヤが思いっきり蹴りを入れた…抵抗はなくなりリーダーの服も全部脱がした!二人ともまったく動いてない…そうとう蹴りが入ったんやろうなぁ…「お前起きろ…」ってリーダーの奴の腹を足で軽く蹴ってた…リーダーのチンコは中学生のわりにはデカかった、でも包茎やった。

タクヤが下っ端の奴に「こいつを羽交い締めにしろ」ってリーダーに指をさした。 下っ端はリーダーを羽交い締めにして タクヤが「そいつ離したらお前ボコボコにするし服全部すてるからなぁ」って言うとそいつは焦ったのか力強くリーダーを押さえた。もう1人の下っ端はまったく動けないで苦しがってる…

タクヤが「さーてお前のチンコ俺がムいたるわ」って言うとリーダーの包茎チンコに手をやりジワジワムきはじめた。リーダーのチンコは半ダチになりかけていた。 「うぅ、痛い…やめろ」って言うとタクヤがヒロ足押さえろって急に言うから足を押さえた

タクヤが「うれしいんやろ包茎をムケちんにしたるねんから(笑)」半分ぐらいまでムケてた…「もうムケないし無理やからやめてください、すいませんでした」ってリーダーが言うとタクヤは半ダチの半分ムケたチンコを口に含んだ。リーダーが「うぅ、あぁ…ハァハァハァ…」みるみるうちにチンコがたってきた

タクヤが「気持ちいいんやろ?もと声出せ!」って言いながら舐めていた… 「あぁ…イキそうな出る」って言うとタクヤは舐めるのとテコキをやめイカさなかった… 「よつんばになれや!」

リーダーはよつんばになりタクヤが下っ端に「コイツの尻にツバ付けて指入れろ」って言った…リーダーは「やめてくださいよ」って言うとタクヤは尻をベシベシ叩いて携帯で写メを撮りはじめた。「バラまくよ。入れてくださいって言えや」

リーダーが「い…入れてください」って半泣きで言った。タクヤが「早くツバ付けて指入れんかい」って下っ端を足で蹴った!下っ端はツバを付けて指一本をジワジワ入れ始めたら「あぁ…うぅ〜」「2本入れろ」下っ端は2本入れはじめたら「痛い…痛い…もうやめてください痛いですお願いです」ってリーダーが言うのを無視してタクヤはその姿を楽しんでいた…

タクヤはリーダーの前に立ち「チンコなめろ」リーダーは「はい」と言うとチンコを舐めはじめた。リーダーはよつんばになり尻には2本の指が入りタクヤのチンコを舐めてる姿を俺は見ていたら… タクヤが「ヒロ〜ちょっとこっちこいよ」って手招きした。顔を見るとめっちゃニコニコして優しそうな顔やった…俺はタクヤの方に行くとタクヤが…

タクヤが「ヒロも舐めてもらい(笑)」俺はタクヤと立ち位置を変わってリーダーに舐められた。俺はもぅビンビンで「ああぁぁぁ〜気持ちいい」って声を出した… タクヤがカバンからコンドームとローションがセットになったやつを取り出して下っ端のやつに「お前チンコたたせてゴムはめろ」ってタクヤが言った…

下っ端のチンコはかなり小さくて包茎の太いチンコって感じやった。「ゴムつけました」っていうとタクヤがローションをリーダーの尻と下っ端のチンコにつけた…「はい!お前らやらんかい!下っ端に掘られるとかお前も落ち目やなぁ(笑)早く入れてしまえ」

下っ端はビビってなれない手つきで苦戦しながらやっと先が少しはいるとリーダーが「無理です…入らないし嫌です」泣きながら言ってたが下っ端がジワジワとチンコを入れて全部入った時…リーダーが「動かさんといてじっとしていて」

タクヤが無視して「腰ふれ早く振らんかお前掘るぞ」って言うと下っ端が振りだしたリーダーが「ぁ…痛い痛い痛い…やめて痛いよ」って歯を食いしばりながら言ってた。 下っ端の顔は気持ちよさそうに「ぁ〜ア〜ハッハッハァ〜」と言いながら激しく腰を振りだした…その時にずーっとうずくまってたもぅ1人の下っ端が起き出してかなりビビった顔で見てた

「お目覚め〜おまえとこのリーダー掘られてるし(笑)」
「あー痛い、やめて」
タクヤが下っ端2に「お前もそこにあるゴムつけてたたせろ」
そいつは「無理です」って言うとタクヤはそっこう腹殴った。2・3発は殴ったら「します」って小声で言うとタクヤは殴るのやめて「さっさとせんか」と言った…

そいつのチンコはまぁまぁ中学生のわりには大きくてムケちんやった。そいつはゴムしたけどフニャフニャやったからタクヤが「リーダーの前に行けそれで舐めてもらえ」そいつリーダーの前に行き「そいつのチンコ舐めてたたせろ!そしたら掘るのやめさせるから」って言うとリーダーは必死に舐めた。

下っ端2のチンコはみるみるでかくなった… そのときタクヤが一言いった… タクヤが下っ端2の尻にローションを塗り下っ端1のチンコにもローションを塗りつけた

下っ端2に「こいつの尻に指入れろ」 下っ端1が「尻は無理です、やめてください」って言うと「お前リーダーの穴掘ってるんやろ?じゃぁー指ナシで直接こいつのチンコ入れてもいいねんぞ!そんなん言う暇あればリーダーが気持ちよさそうじゃないから腰振らんか」って言うとそいつのケツに蹴りを入れた…

そいつは腰をふたたび振りだしたら… リーダーが「あぁ…ハァハァァ痛い」って言い出した。 下っ端2は指を下っ端1の穴に入れ始めたら1が「うぅ……あぁ」 タクヤが「2本いれろ」と言うと2本入れ始めた。

「ぁぁ痛いです」 「もうチンコ入れたれ」そう言うと2が自分のチンコをしごいてたたせて1の穴に入れた!無理やりいれたから1が「痛い」って言ってリーダーの穴からチンコをスポッと抜いたら…リーダーが「あーん」って気持ちよさそう声を出した

2のチンコは1の穴に入ったらままで2は興奮して勝手に腰をゆっくり動かしていた。 タクヤが1に「なにチンコ抜いてるの?殴られたい?」リーダーには「四つんばなってケツ上げんか」ってケリを二発ぐらいしリーダーが四つんばなったら1が2のチンコが入ったままリーダーの穴に入れた。 リーダーは四つんば!1が真ん中2が後ろになっている。

タクヤが「ヒロこいつらやりすぎやろ(笑)携帯で撮ろ」って言うと2・3枚パシャパシャ撮ってた! 「はい2が腰振ったら1が腰振ってリーダーは気持ちいいですって言え」と言うと三人は言われた通りした。 「うぅ気持ちいい」 俺は「やりすぎじゃない」ってめっちゃ恐々小さい声で言うと タクヤが「は?なに?聞こえん」って怖い顔してこっちに来た。

相変わらず三人は腰振ったりしていた。 俺は「ごめん何もないです、ほんまごめんなさい」と言うと「だからなんて言ったん」って優しい声と顔で言ってきたから「やりすぎじゃない」って殴られる覚悟で言うと…タクヤは…

タクヤが素直に「そっかぁ、じゃぁーやめよかぁ〜」 その時、1番後ろで掘ってた下っ端2のやつが「あぁ〜やべー気持ちいい!あああーイクイクイク〜」って言いながら腰をかなり振って下っ端1は「ああ…痛い変になりそう」 下っ端2が「うぅイク」って言って腰振りは終わった…

下っ端2のチンコはフニャフニャになってゴムがしわしわになって先には大量のザーメンがあった。下っ端1は…勝手にリーダーの穴を腰を動かし掘り出した…リーダーは「痛い…はぁ…痛い」下っ端1は「気持ちいい!はぁ〜いくいくイク〜」って言うと同時に腰振りが終わりリーダーはバタッと疲れたように倒れた…

タクヤが「お前らゴムのカルピスをリーダーに飲ませろ!お前らいつもパシリとか命令されてたんやろ?口に入れたら」 下っ端1と2は「さとしくーん喉渇いたやろ?変態リーダー口開けろや」って言われると

リーダーは「お前ら…」 「誰に口きいてるのかなぁ?変態やろうが口開けろ!」 リーダーは半泣きになりながら口を開けると二人がゴムからタラーンって濃い精子を口に入れた…二人分だから口から少し出て

タクヤが「全部飲め!」 下っ端も「今の立場じゃ飲まないとやばいよ(笑)」 リーダーはゴクッゴクッと何回かに分けて飲んだ… タクヤが「後はお前ら勝手に帰れや!リーダーとホモごっこまだ足りなかったらやれば〜(笑)」 その後「ヒロ帰るぞ」 俺はさっさと着替えたりしてタクヤのあとを歩いた…3人は残したまま… タクヤが帰りに…

タクヤは「お前がみんなのパンツとか匂ったりするから悪いねんぞ!ぼけ!いつから興味あるんや?」
俺は「………」
タクヤは「まぁいい!神社のことは内緒やぞ!言ったらシバくから」(笑)
俺は「うん」

タクヤ「お前泣くなや!他の連中にはお前のことみんなに黙っといてやれって言うたるわ!まぁ俺がみんなより実力上やし!頭悪いけど(笑)」
俺はタクヤがこんな人とは思わなかった…いい意味で! タクヤが「俺こっちやから帰るわ!帰れるか?襲われんように〜男に(笑)」って言うとバイバイと手を振った

俺は手を振替してバイバイしてそそくさと家に帰ったらなんか学校行ったら心配で…いろいろ考えて…3日間学校を休んだ!親はイジメにでもあってるんかと心配して無理やり学校には行かせなかったしなんで休んでるのか話もしなかった…

4日目の朝早くに…ピーンポン!ピーンポン!とチャイムがなり何やら親と話してるみたいで…俺は絶対先生やわ…パンツ匂ってたことや学校中この話題でいっぱいなこととかみんな親に話してるんや…階段から足音が聞こえてきた。先生や!どーしよ…もう死んだらええわ!俺は男が好きや!

普通に生まれたかったよ俺も…って考えてたら…ドアがバターンって開いた「ヒーロくん!ヒロちゃん!」って入ってきたのがタクヤだった。
俺は「………」
タクヤ「学校来いよ約束したやろ〜他のやつもちょっと反省してるし心配してるねんぞ!来たらみんなで120円集めたがらお詫びにジュース買ったるってみんな言ってたよ」

俺「みんなって…」
タクヤ「心配しなくてもクラスや学校中にも誰1人お前のパンツ匂ってオナル事件なんか知らんで(笑)俺が実力でゆうまとかに言ったから心配するな!」
俺「そうなん?」
タクヤ「そうだよ!だから俺様が今日はヒロちゃんを迎えに来た訳よ(笑)早よ準備しろ!また犯すぞ(笑)」


タクヤのあの笑顔は一生忘れられない… 俺は準備してタクヤと家を出るとチャリが1台あった「俺様のベンツじゃ(笑)俺後ろヒロこげ」
俺は「うん」って言って全速力で学校に向かった!タクヤが俺の体に手を回して「悪かったな!お前も悪いけど俺達もわるかった」
最後に「お前は俺の初相手やってんぞー(笑)」
ってタクヤが言った…

あれから学校も卒業までみんなと楽しく過ごせて最高でした。Hは最初であれが最後でした…



淫語炸裂ボーイズラブノベル
大人向けでハード。陵辱、穴なめ、騎乗位、微スカ、限界快楽責、他。
18禁イケメンドッグス
中也、太宰、乱歩、双黒、芥川、「文豪ストレイドッグス」甘切〜エッチで淫らなお話し。

→無料映像入口←