today:4 yesterday:3

男の肉便器トップページ
激裏短編18禁小説

ケツを犯し続け

俺は、都内に住んでる174*60*26のネコです。先日ケツが疼いたんで、掲示板に載せて、年下今風の奴(裕樹)と会うことになった。裕樹の部屋に着き、画像よりカッコよくて嬉しくなり、即行ヤることになった。全裸にされ、体中を愛撫され感じていると、手を縛られ目隠しされた。ローション付きの指がケツに入ってきて、「仕込んでやったから楽しもうぜ」って言われ、少し不安になった。「効いてくるまでシャブってろよ」と、チンコを口に宛がわれた。口に含んで初めて、かなりのデカマラだと知った。「デカいだろ? 旨いか?俺のサイズだと、パキんないと痛がる奴が多いんだよ」って言われ、納得した。

15分くらいシャブった頃、「そろそろ効いてきたかな?」って乳首を抓られ、体に電気が走るような快感に声を出してしまった。すると、玄関から話し声が聞こえたかと思うと、裕樹の友達が部屋に入って来た。「始めたばっかり?」「どんな奴?」などの声からして2人…俺は急に怖くなった。「廻してやるから、覚悟しなよ」と裕樹に言われ、「やっぱ帰ります」と立ち上がり、目隠しを外したところを、友達に取り押さえられた。

「ヤられたかったんだろ?」「せっかく来たんだから、気持ちよくなろうぜ」「結構タイプだよ」などと言われながら、ベッドに再び倒された。よく見たら、2人共俺より年下みたいな今風の奴…。「仕込んだんだから、欲しくて我慢できないんじゃないの? 3人相手に帰れる訳ないじゃん。覚悟決めなよ」と言われ、首を横に振った。その時に初めて裕樹のマラを見た。萎えてる状態なのに、リポビタンの瓶くらいある、ふてぶてしいデカマラだった。俺の視線を察知されてしまい、「本当はコレが欲しいんだろ? 旨そうに銜えてたもんなぁ。 欲しいから掲示板に載せてたんだろ?」って言いながら乳首を摘んだ。

声が出そうだったが、我慢したら、康晴と呼ばれてる友達の1人が、俺を四つん這いの体勢にさせて、ケツの穴を舐めてきた。更に和巳と呼ばれてる奴が、俺のチンコをしゃぶってきた。さすがに勃起し、喘いでしまった。仕込まれたせいで、かなり感じてしまう。裕樹が「狂わせてやるから、言うことを聞きなよ。ほらシャブれよ」と、口の前にデカマラを持って来た。俺は気持ちよさに負けてしまい、口に含んだ。康晴はケツに指を入れて、前立腺を刺激し、「そろそろ解れてきたな。しかし綺麗なケツしてるな。 中はトロトロだし最高のケツマンだよ」と言った。指だけでもかなり気持ちよくて喘ぎまくった。

すると、康晴が「入れるよ」と言ったので、俺は「ゴムして下さい」と頼んだ。「ゴムすると気持ちよくないからイヤだ」と言いながら、ケツにチンコを擦りつけてきた。俺は逃げようとしたけど、3人に取り押さえられ逃げられず、康晴のチンコ(17cmくらい)を受け入れてしまった。バックからガン掘りされ、口には裕樹のデカマラをシャブリながら泣きまくってた。「そろそろイきそう…どこに出して欲しい?」と聞くから、マズイと思い、「中には出さないで」と言ったのに、

「イヤだ。セーフ主義の奴に種つけるのは興奮するぜ」と言いながら種付けされた。次に和巳が俺を立たせ、ラッシュを吸わせ、立ちバックでチンコ(14cmくらい)を入れて来た。その間、ベッドの上では裕樹と康晴は69していた。俺は和巳に、「もっとケツ締めろよ」と命令され、掘られながらチンコを扱かれた。俺が「イキそうです」と言ったら、「一緒にイクぞ」とまた中出しされ、俺も果てた。 俺は力尽き、その場に座りこんだ。和巳は、今まで俺のケツに入ってた2人分のザーメン付きチンコを、「綺麗にしろ」と口元に持ってきた。

嫌だったが、無理矢理シャブらされた。裕樹が「次は俺の番だよ。ベッドに来いよ」と俺を誘ってきた。俺はイッたばかりだし、結構きつかったので、「もう勘弁して下さい」と頼んだら、「ふざけるな!」とキレられた。和巳と康晴に抱えられベッドに運ばれ、手首の紐を解いたと思ったら、裕樹が覆い被さってきた。ラッシュを含ませたティッシュを口に入れられ、正常位の体勢で足首を持ち、ムース缶くらいのデカマラ(20cm)がユックリ入って来た。康晴と和巳に左右から乳首から腋の下を舐めまわされ、根元まで入りきった。

裕樹はゆっくりと腰を振り始め、今まで感じたことのない快感が襲ってきた。「よく泣くな。俺のチンコ、そんなに気持ちいいのかよ。 忘れられなくしてやるよ」と、ピストンのスピードをあげてきた。俺はヨダレを垂らしながら、「あ〜アン…気持ちいい…おかしくなる…駄目、無理…やめて〜」と泣き喚いた。マングリ返しの体勢にされ、「ヨダレ垂らしながら、やめてじゃないだろ。 おかしくなっていいよ。狂っちまえよ」と、俺のヨダレを舐めて、Dキスしてきた。かなり奥の方まで、凶器のようなデカマラで刺激され、ケツの奥とチンコの付け根が熱くなってきて、狂ったように泣き叫んで、自分の顔にトコロテンしてしまった。

康晴は「すげ〜、トコロテンしちゃったよ。本当に気持ちよさそうだな」と言いながら、俺の顔のザーメンを舐めてた。裕樹は、「誰がイッていいって言った? 俺はイクの遅いから、まだまだイカないよ」と言い、イッてしまって敏感になってる俺のケツを犯し続けた。40分くらい掘られただろうか、「イきそう…『種付けて下さい』ってお願いしろよ。 そしたら、またパキッて、淫乱に狂わてやるぜ」と言われ俺は、「アッ、ア〜ん、俺の中でイッて、種付けて下さい。 ウッ、また俺を狂わせて下さい」って言ってしまった。「よしいい子だよ。年上の奴を落とすのは興奮するぜ。 

俺のガキ孕めよ。濃い種仕込んでやるよ」俺のケツの奥でデカマラがビクンビクンし、下腹の中辺りが温かかった。その瞬間、俺は2度目のトコロテンをした。それから少し休憩し、更に仕込み、もう1発ずつ掘られた。その後、1週間はケツが痛かったよ。でも、デカマラは忘れられない…。


淫語炸裂ボーイズラブノベル
大人向けでハード。陵辱、穴なめ、騎乗位、微スカ、限界快楽責、他。
男の娘とニューハーフ
NH、男の娘、女装、ニューハーフ動画

→無料映像入口←