秘所にぺニスをねじ込む
もう限界に近い自分自身をねじ込む。


「あぁ・・・・っつんん!!」

「っつ・・・・・・く・・・・・・・。」

痛いほどに締め付けられて、限界を迎えつつある安室は我慢が出来るわけもなく


そのまま無言で、強く強く中心に向かって腰を押し付ける


「あんっああっつ、あああん、あんっ!!あっ!!はぁんっ」

「中に・・・・・だしますよ・・・・・?」

「んっ・・・・。」

「っく・・・・はぁ・・・・・っつ」

安室は我慢に我慢を重ねた最後の白濁を放出させた


「あぁあんっ・・・・。」


後に残ったのは、二人の荒い息遣いと

優しい口付けの音でした