アソコへ擦り付ける
赤井は逸物を取り出すとアソコへ擦り付ける。


「やっ、な、何?!!」


力の入らない体をどうにか動かして下半身を見ると、クリトリスに押しつけられているのは、硬くなり充血したぺニスだった。


「や、めてぇ…」


手で払いのけようとしても、全く力が入らない。


「やめてって言いながら!アソコがヒクヒク欲しがってるじゃねーか!淫乱だなー?」


「そんなあぁ、あ、いやぁぁ…」


クリトリスに擦られるぺニスの誘惑に堕ち、自ら淫らに腰を振り始める。


「あっ…だめ、なのにぃ…!イイっ、よお…!」


荒く息を吐いて腰を揺らす。


「はあぁ…!イ、イイっ…あぁっ!た、たり、ないぃっ…」

 
ぺニスに股間をこすり付けて得る快感にも限度があり、フルフルと首を横に振って身悶えた。


膣がひくつき、挿入を今か今かと待っている。