摘んでグリグリ
「クリをコリコリされたり、ひっ掻かれんのが良いんだろ?なぁ」


「や…やぁん……っだめッ、コリコリしないでぇっ!」


「摘んでグリグリ苛められんのも、好きなんだろ?」


「ひあっ、あっ、あアアアッッ!!グリグリィ…もッ、もぉ…らめっ!!らめぇぇぇっっ」


体を巡った快感の波に仰け反り、そのままイってしまう。


ガタガタと体を震えさせながら絶頂の波に身を委ねていたのだが、休む間などないとでも言うかのように、クリトリスへの愛撫は激しくなる一方だった。


「ひぃぃぃっ!まって、まだぁ…!まだ、イッてりゅ!イッてりゅうぅぅ!!」


クリトリスの芯を指先で摘んでグリグリとこねくり回され、さらにキツく引っ張ったり爪を立てられる間、途切れることなく襲いかかってくる絶頂感に翻弄されていた。


呂律の回らない口からはだらしなく涎を垂らし、恍惚とした表情でただただ喘ぐ。


自らの愛液にまみれて嬌声を上げる彼女を見、赤井はニヤニヤといやらしい笑いを浮かべた。