刺激に絶叫し絶頂する
「あ゛ぁあぁぁぁッッ!!」


その刺激に絶叫し、同時にまたも絶頂する。


「おっぱいぃぃ!イイッ!乳首っ!乳首乳首ぃ、気持ちぃよぉぉ!」


「もっとぉ!もっとしてぇ…!奥までグチャグチャに犯してぇぇっ!」


霰もなく乱れて腰を揺らし、自ら卑猥な言葉で懇願する。


彼女は自ら股を開いて誘い、肉棒で穴を塞がれることに喜びしか感じていない。


「はぁん!!あんっ…も、イくっ…ひイっ、イッちゃうぅ…」



赤井は下から突き上げる。


「んはあぁぁぁっ」


ぺニスを奥まで挿入しながらクリトリスを擦り上げる。


「ひぁぁぁんっ、あふ、はあぁぁんっ!!!」


赤井の動きは止まらない、激しさを増す。


「ひぃぃぃ!イィっ!!!イクぅ、イクッイクッ…イっちゃうぅぅぅぅ…」


全身を痙攣させる。


刺激に身を任せるしか出来ない、ただの淫らな女になり果てていた。


「あ、あぁぁ、ま、また、イっちゃう!イっちゃうのぉぉぉ…」


無意識に胸を揉み、全身を痙攣させる。


「あ、あひゃぁ、はふ、らめぇ!またぁ、あぁぁぁんっ…イっ、イクっイクぅぅっ…」


イきっぱなしの拷問に恍惚とした表情で身を委ねていた。



「すご、また、イくっ!!イッ――ひぃぃ…また、イくぅぅ…と、とま、らなぃぃぃ、イくぅっ…イイっ、イイ――ッ」



赤井が、満足気に笑っていることにも気付かずに。