おねだりなよ
「もっと気持ちよくして欲しいんだったら、おねだりなよ」


「マンコ広げて、誘って見ろよ」


もはや快感を得ることしか頭にない、言われたとおりに自ら足を開き。


指で秘所を広げると、震える声で、しかしはっきりと告げた。


「どうか私のマンコを、ぐちゃぐちゃに犯して、イかせて下さいぃっ!」


その言葉を聞くや、満足そうに目を細めた赤井。


両手で胸をもみくちゃに触りながら。


愛液をだらだらと溢れさせている密壷へ、ぺニスを一気にねじ込んだ。