奥…やあぁ…
女「ぅああっ! あっ、あっ、そん・・奥・・やあぁ」

赤井「何が嫌ですか。締め付けて放さないのは、貴方の方ですよ」

女「っ、知らな・・・いっ」

赤井「なら、教えて差し上げましょうか? 貴方の此処が、どうやってぺニスを飲み込んでいるのか」

女「な・・に・・・?」

赤井「落ちたくなければ、大人しくしていなさい」

女「うあっ! だっ、め・・・っ! そんな・・動かないでっ!」

赤井「大人しくしていないと、本当に落としてしまいますよ?」

女「っ! せめて・・っ、抜いて・・・ぁ」

赤井「少し体勢を変えるだけです。我慢してください」

女「あっ、あっ、あ・・、駄目・・それ・・・っ」

赤井「どうです?これ、泣くほど気持ちいいですか?」

女「ううっ、いやぁ・・・」

赤井「ほら、ご覧なさい。ご自分の淫らな姿を」

女「やぁ・・・ぁ」

赤井「貴方の此処が、どれだけ貪欲に私を飲み込んでいるのか、ご自分の目で確かめればいい」

女「ヒッ! あっ、動か・・・さないでっ」

赤井「貴方の厭らしい襞が絡み付いて、中まで見えてしまいそうですよ?」

女「・・っあ、知ら・・な・・」

赤井「知らないなら、どうして貴方の腰は揺れているんです?」

女「そ・・れは・・・」

赤井「私の上に跨がって、ご自分から腰を動かすとは・・。本当に淫乱なんですねぇ」

女「違っ・・ああっ」

赤井「何です?」

女「動か・・・さないで・・」