入れて差し上げますよ
赤井「そんな恨みがましい目で睨まなくとも、すぐに入れて差し上げますよ。ほら、力を抜いて・・」

女「ふっぐ! っう! ンン―――っっ!!」

赤井「ああ・・。中はとても熱い・・・」

女「んぐっ、っう!」

赤井「気持ち・・いいですか?」

女「・・っは、はあっ、あっ。ぃい・・・っ。気持ち・・い・・ぃ」

赤井「いい子ですね。もっと気持ちよくなりたいですか?」

女「んっ・・・もっ、と・・ぁ」

赤井「ふふ。貪欲なお人ですねぇ」

女「ぁ・・だって・・・んっ」

赤井「此処が、好きでしょう?」

女「っああ! そ・・だめ・・・っ」

赤井「駄目? それなら、やめて差し上げましょうか?」

女「やぁ・・ぁ、やめ・・・なぃ・・で・・っ」

赤井「可愛いですよ。そうやって、素直にしていればいくらでも気持ちよくして差し上げます」

女「ッン・・ふっ、あっ・・・いいっ」

赤井「とても気持ちいいです・・」

女「あっ、もっ・・と・・・シテ・・っ」

赤井「っ! 貴方という人は・・」

女「んんっ、ふっ・・あぁ・・ぁ」

赤井「色っぽい声を出しますね・・?」

女「っだれ・・の・・っ、せい・・・ああっ」

赤井「そんなに淫らに鳴かれると、もっと苛めたくなりますね」

女「なん・・でっ、そんな・・・っ・・優しく・・・してっ、よ!」

赤井「心外ですね。貴方を気持ち良くして差し上げているでしょう? 何が不満なんです? 今だってほら。貴方の此処は、こんなに気持ちよさそうに締め付けてくる」