中まで丸見えですよ
赤井「玩具を抜くので力を抜いてくださいね」

女「はぅぅ・・はぁはぁ・・」

赤井「玩具がなくなって寂しいですか? ああ。どろどろに溶けて、中まで丸見えですよ」

女「そん・・なっ」

赤井「これから、此処に、受け入れてくださるのでしょう?」

女「な・・っんで、そんなに・・・意地が悪いのっ・・」

赤井「ふふ。その方が、貴方が感じるからですよ」

女「そんな事っ」

赤井「ない、とは言わせませんよ? 今だってほら。見られているだけで、こんなに蜜を滴らせているじゃないですか」

女「っだから・・いちいち言わないでょ・・・」

赤井「私の言葉に反応する貴方は、本当に可愛いですね」

女「ぅるさ・・・っんぐ」

赤井「可愛気のない言葉は聞きたくありません」

女「んんっ、むっ」

赤井「苦しいですか?」

女「んっ・・うぅ」

赤井「おや。口を塞がれるだけでも感じてるんですか? 本当に、貴方は淫乱な人ですね」

女「ンンン・・・ッ!」

赤井「何か言いたそうですね。ですが、放してはあげません」

女「ううっ、ん・・っ」

赤井「口を開けば貴方は可愛くない事ばかりを言う。ですから、このまま、私を受け入れてください」

女「っ! んんっ、ンッ」