淫乱ですねぇ
赤井「ふふ。玩具に掻き回されて気持がいいんですか? 貴方は本当に淫乱ですね」

女「ぁ・・そんな・・言われ、たら・・・っ。あっ。ま・・た・・」

赤井「イきなさい。何度でも。何もかも忘れて快楽に身を任せればいい」

女「ひっ・・いっ・・。また・・っ、あ・・あ・・ああぁっ!」

赤井「ふふ。三回目ですか」

女「っは・・・はっ・・あぁ。ぁ、もう・・抜い・・てっ」

赤井「どうして? 気持ちいいのでしょう?」

女「もっ、イケな・・・。っあ・・ひっ」

赤井「またイッてしまったんですか?」

女「ひぐっ・・駄目ぇ・・・」

赤井「何が駄目なんです?」

女「おも・・ちゃ・・、いやぁ・・」

赤井「貴方の此処は、嫌がっていませんよ」

女「うあっ! ひっ・・指っ、だめっ」

赤井「指、気持ちいいでしょう? こうやって一緒に掻き回すと・・」

女「ぅああっ! 駄目っ!」

赤井「ほら・・。気持ちよさそうに締め付けてくるじゃないですか」