気持ちいでしょう?
女「・・いやぁ・・・あ・・あぁ」

赤井「気持ちよくなってきましたか?」

女「ん・・・ふっ・・ぁあ・・・っ」

赤井「此処に入れられるならば、貴方は何でもいいんですねぇ」

女「っふ・・ぁ・・・ぁ、もっ・・・こん、な・・ぃや・・だ」

赤井「嫌だ嫌だって言いながら、腰が揺れていますよ? 本当は、そうやって玩具を入れて欲しくて堪らないのでしょう?」

女「・・はっ・・・あっ、あっ、も・・だめ・・・」

赤井「縛られて、玩具を銜え込んで、見られるのはそんなに気持ちいいですか?」

女「ああっ。も・・・ぃ・・くっ。ぅうん・・・あ・・アァ――・・ッ」

赤井「二回目ですね」

女「ぅ・・ふっ。・・・っは・・ぁ」

赤井「おやおや。一人で満足してる場合じゃありませんよ?」

女「・・・っ」

赤井「素直になれるまでは、そのままです」

女「っ・・な・・・にを・・」

赤井「貴方の中のソレ、動かしてあげましょうか」

女「なっ!」

赤井「嫌なら、何がどう気持ちいいのか、私に説明してください」

女「そんなの言える訳・・・ひっ! あああっ! やめ・・っ」

赤井「残念です。そんなに意地を張りたいなら、いつまででも張っていてください」

女「あっ! ヒッ・・ぐ・・・っ」

赤井「気持ちいでしょう?」

女「・・・い・・いっ」

赤井「どこがどう気持ちいいんですか?」

女「っふ・・なか、が・・・はっ、あぁ・・」

赤井「中が、何です?」

女「掻き・・まゎ・・され、て・・・。アアッ。いいっ!」

赤井「何に掻き回されてるんですか?」

女「あっ。あ・・ぉも・・ちゃが・・・。なか・・ぐちゅぐちゅ・・って。ああんっ」