そんなの入れないで
女「アア―――・・っ!」

赤井「ふふ。一瞬クリトリスに触っただけでイってしまうなんて、堪え性のない・・」

女「ん・・だって・・・ハ・・ァ。こんな・・されたら・・」

赤井「こんな? どうされたら触っただけでイクと言うんです? わかるように説明してください」

女「っそ・・無理っ」

赤井「ほう? 仰る気がないと?」

女「ぃえる訳・・なぃ」

赤井「なら、言いたくなるようにして差し上げましょうか」

女「え・・・?」

赤井「素直になるまで、これで遊んでいてください」

女「っ・・何? ぃや・・そんなの・・・入れないでっ・・っああ!」

赤井「嫌がるわりには、随分簡単に飲み込むじゃないですか」

女「ぅ・・・っは・・ぁ・・」

赤井「こんな玩具でも、感じるんですか?」

女「ヒッ・・ぁ・・・。ちが・・・ぅ」

赤井「貴方の嘘は聞き飽きました。だから、素直になるまで玩具に遊んでもらってください」

女「っい、アッ・・アッ。ぃや・・だ・・っ、こんな・・・っ」

赤井「ふふ。そうやって、いつまで意地を張っていられますかね? どれだけ我慢できるか、楽しみにしていましょう」