最高の快楽

その激しい刺激は、繰り返し身体に快感を送り続ける「あうぅ…ひぅっ…ああん…も、やめて…そこは……あんっっ!」

新着小説

今日:111 昨日:379

禁断エロス
ズチュッ!ズチュッ!下から熱く反り返った欲望をさらに奥へ奥へと突き上げる。

強烈な快感
背中を仰け反らせ、腰がビクンビクンと跳ね上がる「やあぁぁぁっ!!やだっ、やだっ、あっ、イクッ!あぁあうぅぅっ!!」

快楽の地下室
あっあっあっあっあっ…激し…もうダメっ…ほん、も、だめ、なのっ…ん、はっ、あっあっあっ…あっあっいく、いく…あぁぁぁぁぁぁっ

や…そこは嫌…ッ!
腰をぐっと掴み、獣のように容赦なく奥まで突き上げてくる。粘膜が擦れ合うところから怖ろしいほどの快感が沸き上がる「んっ、ぅん…んっんっん…あぁぁッ!!」

熱い夜
敏感な部分に触れて蜜を絡めて擦りあげる『あっ、あぁん、いやぁ...』

濃厚な愛撫
ぁん・・やっ・・らめぇぇ…!!!

いかされちゃった
左手でくにくにと乳首をこねくりまわし。右手でクリトリスを軽く摘まんでは、指で弾く。「ん、んぅ、っ、っ、あ……あんっ!」

悶絶愛撫
ひあぁぁぁっ!そこダメそこダメぇぇっ!アソコを激しく擦られて快感が全身を駆け巡る

長編裏小説
股間に固い肉棒が激しく出入りして、豆と膣内を、違うスピードで責めたてる、壮絶な快感にさらされ、淫汁が溢れっぱなしになってしまう。

もう我慢できない
足がガクガクふるえて立ってられない。クチュクチュ…クチュクチュ…「だっ…ダメ…もぅ…ぁっん…いっ…イク…っ…あぁあっ!…」

官能小説大全集
クチュクチュクチュ!蜜液が溢れて止まらない中に指を根元まで入れかき混ぜる。「んあっ!はっ、んっ…!!」

[次のページ→]

→無料映像入口←




▼検索ワード


[登録|変更|削除|管理]

TOP100